子供がオンライン英会話をやめた理由

2022年5月18日

オンライン英会話をやめた理由

 

幼児期から約6年間、私の子供は断続的にオンライン英会話で英語の勉強に励んでいましたが、迷った挙句やめることにしました。

 

始めた当初はまったく効果を実感できず、「このまま継続して意味はあるのかな……」とよく疑問を感じていましたが、長く続けたことでしっかりと英語力を向上させることができました。

 

これからも英語の勉強は継続する予定ですが、現状はこれ以上オンライン英会話で勉強を続けるべきではないと感じたため、やめることにしました。

 

この記事は、私の子供がなぜオンライン英会話をやめることにしたのか、その理由についてまとめたものです。

 

オンライン英会話をやめた最大の理由

 

私の子供がオンライン英会話をやめたいちばんの理由は、伸び悩みを感じるようになったことです。

 

オンライン英会話に約6年間お世話になっていたため、すでに英検3級レベルの英語力は身についているのですが、いつまで経っても「その先」へ進むことができないと感じるようになりました。

 

分かりやすく例えるなら、同じ場所でずっと足踏みをしているような状態です。

 

具体的に伸び悩みを感じたのはこんなこと

オンライン英会話をやめた理由の伸び悩みとは、簡潔にまとめると以下の3つです。

 

語彙力の伸び悩み

読解力の伸び悩み

スピーキング力の伸び悩み

 

誤解して欲しくないので明記しますが、オンライン英会話ではこれらの能力が身につかないということではありません

 

英語力がゼロの状態から英検3級レベルの英語力を身につけることができたのは、間違いなくオンライン英会話のおかげです。

 

しっかりと英語力を伸ばすことができたけれど、そこから伸び悩んだということです。

 

伸び悩んだ3つのスキルについて、もう少し詳しく説明します。

 



 

語彙力の伸び悩みとは

私の子供は、多くの子供向けオンライン英会話で導入されているコースブック「Let’s Go」シリーズを活用して英語を学びました。

 

全シリーズを繰り返し練習したため、Let’s Go」に記載されているレベルの英文や英検3級レベルの英文は、自分で読んで意味を理解することができます

 

しかし、当然のことながら海外の子供向けの絵本を開けば、まだまだ知らない単語がたくさん出てきます。海外の児童書や小学校の教科書となるとお手上げ状態です。

 

日本など非ネイティブの子供向けに作成された英語教材は、使用単語が制限されているため、これは当然の現象です。「その先」へ進むには、この制限を外す必要があると感じました。

 

読解力の伸び悩みとは

ここでいう読解力とは、英文法力と言い換えることができます

 

ひとつだけ例をあげると、文中で「read」と言う簡単な単語が出てきたとき、「read」単体では現在形なのか、過去形なのか、過去分詞なのか判断することはできません。

 

判断するためには、文全体から時制を読み取るための知識が必要です。

 

オンライン英会話は外国人講師による英語でのレッスンが主流のため、英語での文法の説明は伝わりにくく、理解があいまいになってしまうことがあります。

 

そのため、文法学習については日本人講師のレッスンが受けられるオンライン英会話か、家庭学習へ切り替えた方がいいと判断しました。

 

関連記事:
英語の文法の勉強は小学生も必要?英文法の必要性・教え方・教材
バイリンガル日本人講師のレッスンが受講できる!グローバルクラウン

 

スピーキング力の伸び悩みとは

オンライン英会話のレッスンでたくさんの英会話フレーズを覚えました。覚えたフレーズの使用単語を入れ替えるだけで、覚えた以上の会話文を作ることができます。

 

しかし、覚えていないフレーズは話すことができません。

 

フレーズの型はわかっても、単語がわからずに入れ替えができないこともあります。この状態は、子供に限らず多くの日本人が陥るパターンです。

 

フレーズをコピペして話している状態と言えば伝わるでしょうか。日本人が日本語で友達と話すときは、コピペして話すことはありません

 

子供向けオンライン英会話で、講師の発音に続いてリピートする練習を何年繰り返したとしても、子供がコピペ英会話から脱却するのはなかなかむずかしいと感じました。

 



オンライン英会話をやめた後の英語の勉強法

 

先述したように、オンライン英会話をやめた理由は以下のとおりです。

 

語彙力の伸び悩み

読解力の伸び悩み

スピーキング力の伸び悩み

 

オンライン英会話をやめた後の英語の勉強は、これらをカバーできる方法を中心に取り組んでいく予定です。

 

現時点で具体的に考えている勉強方法についてまとめてみます。

 

語彙力の伸び悩みを解消する勉強法

英検3級レベル以上の語彙力を強化するために、「英検ネットドリル」というオンラインでできる英検教材を導入することにしました

 

わからない単語の上にカーソルを移動させる(またはタップする)だけで単語の意味を表示してくれる辞書機能がついているため、「英検ネットドリル」を繰り返すうちに無理なく単語を覚えられると思ったからです。

 

小学生が英検3級以上の語彙を身につけるには、書籍を購入して覚えるより、オンラインで繰り返すうちに覚えていく方がハードルが低いためおすすめです。

 

関連リンク:
【旺文社 英検ネットドリル】

 

ちなみに、まだ英検3級レベルの単語が身についていない場合は、タッチペン付きの子供向け英語教材もおすすめです。

 

関連記事:
タッチペン付きの子供向け英語教材8選!幼児や小学生のリスニング力UPにおすすめ

 

読解力の伸び悩みを解消する勉強法

英文の読解力を高めるには、最低限の文法知識が欠かせないという結論に至ったため、簡単でシンプルな英文法ドリルを購入してコツコツと勉強を継続しています。

 

最近では小学生向けの中学英文法ドリルが販売されているため、小学生でも無理なく文法学習を進めることができます

 

関連記事:
小学生向けの英文法ドリル12選|海外の子供が使う英語ドリルも紹介

 

英語学習歴が浅い子供の場合は、文法学習は後回しにして、幼児・小学生向けの英語教材や、子供向けオンライン英会話でインプット学習をする方が効率的に英語力を高めることができます

 

関連記事:
ポピーキッズイングリッシュが幼児の英語教育におすすめな3つの理由
安い子供オンライン英会話15社を徹底比較|最安値の月額料金も紹介

 

スピーキング力の伸び悩みを解消する勉強法

オンライン英会話をやめた後も英語を話す練習がストップしないように、「セブンプラス・バイリンガル」というタッチペン付きの子供向け英会話教材を購入しました。

 

結論から述べると、英語の発話量は、オンライン英会話のレッスンよりも「セブンプラス・バイリンガル」の方が圧倒的に多いです

 

すでに1周目(35日分)を終えたため、「セブンプラス・バイリンガル」を使って実感した効果について下記の記事にまとめました。興味のある方はぜひご覧ください。

 

関連記事:
セブンプラス・バイリンガル(タッチペン版)を小学生が実践したので口コミを書きます

 



伸び悩みを感じたときこそ勉強法を見直すタイミング

 

私の子供がオンライン英会話をやめた理由についてご紹介しました。

 

この記事にまとめた内容は、子供がオンライン英会話を継続した後、伸び悩みを感じるようになったスキルです。

 

オンライン英会話という素晴らしいサービスのおかげで、私の子供は英語の基礎をしっかりとインプットすることができました

 

関連記事:
子供オンライン英会話の効果【受講歴6年の小学生】

 

伸び悩みを感じるようになったときはどうしたらいいのか迷いましたが、子供の英語学習の取り組みを見直すきっかけとなったため、結果的に良かったと感じています。

 

今後はオンライン英会話で習得した英語力をもっと伸ばせるように、そしてオンラインよりオフラインの方がより効率的に学習できる分野を伸ばせるように、親子で一緒に英語の勉強を継続していきます。