TOEICリスニング初心者が最短でスコアを伸ばす勉強法

2021年8月1日

英語力に自信のない人が最短でTOEICのスコアを伸ばす方法は、リスニングの勉強にコミットして勉強することです。

リスニングセクションの問題には、英文法が苦手な人でも得点を稼ぎやすい問題が含まれています

数年前にTOEICを受験した当時の私は、中学レベルの英文法さえ理解していない状態でしたが、TOEICリスニングセクションの平均点以上のスコアを獲得することができました。

(リーディングセクションは悲惨でした……)

この記事では、英語初心者が効率よくTOEICリスニングのスコアを伸ばす勉強法について紹介します。

英会話の音声をほとんど聞き取ることができない人向けの対処法についても説明するので、ぜひ最後まで読み進めてください。

 

TOEICリスニング初心者は英単語の勉強から始めよう

英語のリスニングに苦手意識を持っている場合、まずは英単語の意味と音を同時に覚えることから始めましょう。

最初から英文を聞き取ろうとしても、英単語の発音を理解していなければいくら英文をたくさん聞いたとしてもなかなか聞き取ることはできません。

語彙力が少ないという自覚がある人は、英単語の学習から始めることが結果的に近道となります。

一方で、語彙力はそれなりにあるにもかかわらず、文章になった途端に英語を聞き取ることができなくなってしまう場合は、短い英語の文章やはっきり・ゆっくりと話す初学者向けの英語の音声でリスニングの練習をすることがおすすめです。

キクタン英会話シリーズなら、CDに収録されているチャンツに合わせてリピートすることで、リスニング力だけでなくスピーキング力も同時に向上させることができます。

英語を聞き取れるようになるには、正確な発音の音声をたくさん聞いて、実際に声に出して練習することが大切です。

キクタン英会話シリーズは多くの種類があるため、こちらの記事にシリーズの詳細をまとめました。

以下でもう少し詳しく解説します。



<ほどんど聞き取れない場合>

英語をほとんど聞き取ることができない初心者は、正確な英語の発音を聞きながら英単語の勉強から始めましょう

英単語アプリや英単語帳は多くの種類が存在しますが、最短で効率よく得点に繋げるなら、TOEIC頻出英単語を勉強できるタイプがおすすめです。

できることなら、英単語の学習と同時に短い例文も一緒に覚えられると効果的です。

金フレ(金のフレーズ)はTOEIC受験者にとっておなじみの英単語本ですが、自分の英語力に自信がない場合は基礎固めを目的とした銀フレ(銀のフレーズ)を活用してもいいでしょう。

<日常会話レベルなら聞き取れる場合>

中学校レベルの英語や簡単な日常会話程度なら聞き取れる場合、ビジネス英会話の音声を聞いてリスニング力を強化しましょう

TOEICでは、日常会話よりもビジネスシーンで使用する英語がおもに出題されます。

そのため、ビジネス英会話に特化したリスニング音源を活用して勉強しましょう。

高額な教材に頼らなくても、寝る前や移動時間に英語のポッドキャストを聞いたり、海外ドラマを観たりして英語をたくさん聞くことを実践できれば十分に効果を期待できます

※おすすめの英語ポッドキャストはこちらの記事にまとめましたので参考にしてください。

※視聴しただけでTOEICスコアが100点アップした海外ドラマはこちらの記事にまとめました。

 

まとめ

リスニングの問題は得点へとつなげやすいため、短期間で集中的に勉強してスコアアップを狙うなら、TOEIC頻出の英単語をどんどん覚えてしまいましょう。

英単語を覚えるときは必ず英語の音声で正しい発音を確認しながら勉強することが大切です。

毎日コツコツと勉強して、TOEICの試験当日を迎えるまでに少しでも多くの英単語を覚えて得点へとつなげましょう。