TOEICスコアが100点アップした海外ドラマを観るだけの学習法

2022年4月3日

海外ドラマの視聴がTOEICのスコアアップに役に立つのかどうか、疑問に思っていませんか?

海外ドラマは、TOEICのスコアアップはもちろんのこと、リスニングを中心とした英語力の向上に効果を発揮する便利なアイテムです。

この記事では、海外ドラマを視聴しただけでTOEICのスコアが100点アップした私の実体験をもとにして、どのような海外ドラマを視聴してスコアがアップしたのかについてシェアします。

これからTOEICを受験する予定の人や、英語が聞き取れなくて困っている人は、好きな海外ドラマをたくさん視聴することをおすすめします。

好きな海外ドラマがない場合は、この記事で紹介する海外ドラマを参考にしてください。普段から大量に英語の音を聞くことを意識すれば、ラクに英語のリスニング力を伸ばすことができます。ぜひ参考にしてください!

海外ドラマをTOEICの学習に活用するメリット

英語学習においてなによりも大切なことは、言うまでもなく学習を継続することです。

短期集中的に英語の勉強に取り組んだとしても、その後にまったく英語に触れる機会がなければ、せっかく覚えた英単語や文法もどんどん忘れてしまいます。

英語の勉強を習慣化するには、生活環境の一部を英語環境に置き換える工夫をすることがポイントです。海外ドラマを視聴することは、海外留学をしたり語学学校へ通ったりしなくても、誰でもすぐに英語環境を疑似体験できるためおすすめです。

海外ドラマは1話につき40分前後で構成されているものが多く、通勤時間やランチタイムなどの時間にスマホで視聴することができます。英語学習アプリや参考書よりも海外ドラマをおすすめする理由は、ストーリーの次の展開が気になって続きが見たくなるからです。

英語学習アプリを起動したり参考書を広げたりするよりも、続きが気になって仕方がなくなる海外ドラマを視聴する方が、はるかに気楽で当たり前のように継続できるからです。

楽しみながらラクに続けられるということこそが、海外ドラマを英語学習に活用する最大のメリットです。私は実際にこの方法だけでTOEICのスコアが100点アップしました。

海外ドラマはTOEICのリスニング対策に効果あり!

TOEICの試験は、リスニングセクションとリーディングセクションに分かれています。

海外ドラマを毎日のように視聴すると、ネイティブのナチュラルな英会話を大量に聞くことができるため、英語を聞き取るスキルが向上します。

海外ドラマの英会話は、TOEICのリスニング問題で使用される英会話の音声よりも早いため、聞き慣れるとTOEICのリスニング問題の音声が遅く感じるはずです。

聞き取る力が向上すると、落ち着いて会話の内容を精査することができるため、確実に得点へと繋げることができます。

TOEICのスコアが100点アップした海外ドラマ5選

ここでは、私が実際に視聴してTOEICのスコアが100点アップした海外ドラマについて紹介します。

ウォーキング・デッド

言わずと知れた大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』は、2021年現在も新シーズンが発表され続けている長編ゾンビドラマです。このドラマの最大の特徴は、迫り来るゾンビの恐怖にハラハラするだけでなく、変わり果てた世界で繰り広げられる人間同士の激しい抗争が繰り広げられることです。法律や常識が一切の意味を持たなくなった世界で、それぞれが大切な人を守るために命をかけて戦い続けます。

<おすすめポイント>
次々へと新たな問題が降りかかるため、とにかく続きが気になって仕方がなくなるドラマです。寝る前に1本だけ視聴するつもりが、恐怖で眠気が吹き飛び、結局何本も続けて視聴したということが何度もありました。長編ドラマでも途中で飽きずに視聴し続けることができるドラマのため、膨大な量の英語を聞くことができます。

ブレイキング・バッド

高校の化学の授業を担当する男性教師が、がんによる余命宣告を受けたことをきっかけに孤独な犯罪者へと転落していくストーリーを描いたドラマです。愛する家族の生活を守るために大金を稼ぐことを思いついた高校教師は、化学の知識を活かして麻薬の製造に手を染め、やがて裏社会で名の知れた麻薬王へと上り詰めます。家族のために大金を稼いで足を洗うはずだった当初の考えとは裏腹に、裏社会での成功を手にして初めて実感する充足感。もがき苦しみながらも、持ち前の頭脳を駆使して全力で生きる姿に引き込まれます。

<おすすめポイント>
エミー賞を受賞した大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』は、2008〜2013年にかけて放送されていた全5シーズンのTVドラマです。スピンオフ作品も作成されるほどの人気ぶりで、2021年現在も続いています。

ベター・コール・ソウル

ひとつ前の項目で紹介した『ブレイキング・バッド』のスピンオフ作品である『ベター・コール・ソウル』では、『ブレイキング・バッド』で活躍した男性弁護士目線のストーリーを展開をしています。男性弁護士がなぜ犯罪組織に巻き込まれることになったのか、『ブレイキング・バッド』では明かされることのなかった真実が解き明かされていきます。

<おすすめポイント>
2021年現在では、最終シーズンとなるシーズン6の放送が予定されています。弁護士が主役のドラマのため、弁護士事務所や裁判所での会話が多いことが特徴です。ビジネス英語の出題がメインとなるTOEICのリスニング対策としておすすめです。

ロスト

無人島へ墜落した飛行機の生存者たちが、数々の困難を乗り越えながら必死に生き延びようとする姿を描いたストーリーです。どれだけ待っても救助がやってこない絶望的な状況下に違和感を覚えながらも、”他の者たち”による激しい攻撃に生存者全員で立ち向かい続けます。恋愛を中心とした人間模様も必見です。

<おすすめポイント>
『ロスト』は、誰にも最後まで結末を予想することができないドラマです。単なる悲惨な飛行機墜落事故のストーリーでも、奇跡の生還を描いたストーリーでもありません。次の展開が予測できないからこそ、続きが気になって仕方がなくドラマです。

フレンズ

20代の男3人女3人の友情が、30代を迎えてそれぞれの道へ進むまでの日常を描いたストーリーです。ルームシェアをしている部屋でともに過ごし、喜びや悲しみもすべてみんなで共有するほどに仲良しな6人の友情が、次々にドラマを生み出します。”こんな友情っていいな”と思わせられる素敵なドラマです。

<おすすめポイント>
英語を流暢に話せる有名人が、『フレンズ』を何度も繰り返し見て会話を覚えたと言っていたことがきっかけで見始めたコメディドラマです。普段コメディドラマを観ることが少ない私でも、『フレンズ』にはすっかりハマってしまいました。友達同士の軽い日常会話や恋人同士の会話などが中心です。笑えるストーリーで日常会話を覚えたい人におすすめです。

まとめ

英語の学習でもっとも大切なことは、続けることです。TOEICのリスニングのスコアをアップさせるためには、英語の音に慣れることが重要です。

英単語単体の発音を理解していたとしても、文章の中で音がどう変化するのかがわからないと聞き取ることはできません。

シリーズものの海外ドラマを視聴することは、膨大な量の英語の発音を耳にすることができるためおすすめです。海外ドラマを楽しみながらTOEICのスコアアップを目指しましょう。