自宅学習におすすめ!子供の英語教材選びに迷ったらポピーKids Englishの「ポピペン」

2022年1月3日

コロナ禍の影響もあり、幼児や小学生の子供の英語教育を家庭で実践しようと考えるご家庭は増加傾向にあります。

 

この記事を執筆している私の子供も、幼児の頃から小学生となった現在に至るまで、自宅学習をメインに英語の勉強を継続しています。

 

私たち親子のこれまでの取り組みをもとに、自宅での英語学習を成功させるためのポイントと、幼児から小学校4年生くらいまでの子供向けの自宅学習に最適な英語教材「ポピペン」についてご紹介します。

 

こんな人は必読!!
・家庭で子供の英語教育に取り組みたい
・低コストで効果のある英語教材を探している
・信頼と実績のある企業の商品やサービスを好む
・幼児〜小学校4年生くらいまでの子供の保護者
・子供にどのように英語を教えたらいいのかわからない
・基礎的な内容を中心に楽しく英語に触れさせたい
・小学英語をしっかりと身につけさせたい

 

子供ひとりでも取り組める英語教材「ポピペン」

「ポピペン」とは、紙ベースの教材の該当箇所に触れるだけでキレイな英語の発音を聞くことができるタッチペン仕様の英語教材です。

 

幼児・小学生・中学生向けの通信教育教材「月刊ポピー」でおなじみの全日本家庭教育研究会(通称:全家研)が販売している家庭用英語教材「ポピー Kids English」の商品です。

 

幼児から小学生までの子供を対象とした英語に特化した通信教育教材で、1ヵ月に1度のペースで自宅に教材が届くシステムです。(お得な年間セット購入もあります)

 

「ポピーKids English」の特徴

特徴1:幼児期から学べる小学英語に特化したカリキュラム

ポピー Kids English」は、小学校4年生までに学習する内容の英語に特化して作られた子供向け英語教材です。学齢別に下記の3つのレベルが用意されているため、小学生はもちろんのこと幼児でも楽しく取り組むことができます。

 

<レベル別の推奨学齢>
レベル1:年中〜小学1年生
レベル2:年長〜小学2年生
レベル3:小学1〜3年生
(※公式サイトから引用)

 

公式サイトには「小学3,4年生で学ぶ単語と表現をすべて扱っている」と記載されているため、小学4年生の子供や、英語に苦手意識を持っている高学年の子供の復習にもおすすめです。

 

特徴2:学習習慣が身についていない子供でも絵本を読む感覚で学べる

「ポピペン」を使って教材のストーリーページに掲載されている文章や会話フレーズ、英単語などをタッチすると、英語初心者の子供でも聞き取りやすいクリアな英語の音声が再生されます。

 

テキストは家族や友達、学校など、子供にとって身近なテーマを取り扱っています

 

絵本を読む感覚で英語を学習できる「ストーリーページ」のほか、「ドリルページ」「絵じてんページ」「アルファベットページ」など、これから英語の基礎を自宅学習する子供にぴったりなカリキュラムです。

 

特徴3:コスパ抜群!月々1,680円(税込)だから続けやすい

ポピー Kids English」は、月会費がたったの1,680円(税込)と良心的な価格の通信教材です。

 

月刊ポピーは英語以外にもさまざまな教科の教材を提供していますが、英語科目単体で契約することができます

 

初回のみ「ポピペン」本体の購入価格として3,300円(税込)の支払いが必要となります。(余談ですが、「ポピペン」の価格は大手有名学習塾で導入されている英語タッチペンの半額です)

 

また、12ヵ月分の教材をまとめて購入できる年間セット販売を利用すると、合計18,480円(税込)で購入することができるため、1ヵ月あたり1,540円(税込)で受講できる計算になります。(ポピペンの代金は別途必要)

 

※価格は変更となる場合がございます。最新の価格はこちらのポピー Kids English公式サイトでご確認ください。

 

自宅学習で子供の英語教育を成功に導くポイント

子供の英語教育を自宅学習メインで進めていく場合、成功の鍵は親御さんにあると言っても過言ではありません。

 

プレッシャーを与えてしまうようで申し訳ないのですが、私はわが子が幼児の頃から5年以上おうち英語に取り組み続けているため、このことを痛感しています。

 

私自身の実体験で言えば、仕事やPTAの役員、子供の学校や習い事の行事、家庭の都合などで多忙を極めたり、私自身が体調を崩したりしたときには、自宅で子供と一緒に英語の勉強をする余裕などありませんでした

 

子供のためだからと親がどんなに強い意志を持っていたとしても、さまざまな要因で継続が困難になってしまうこともあります。自宅学習ならなおさらです。

 

共働き家庭やワンオペを余儀なくされている家庭こそ、自宅学習を継続しやすい英語教材を選ぶことをおすすめします

 

「ポピペン」なら、親御さんが家事をしている側で子供がひとりでも英語の音声を聞いたり発音をマネしたりすることができるため、親の都合や家庭の状況に左右されずに子供の自宅学習を継続することができます。

 

まとめ

 

子供の自宅学習におすすめの英語教材「ポピー Kids English」についてご紹介しました。

 

幼児や小学校低学年の子供の英語学習には、「ポピペン」などのタッチペンで気軽に英語の音声を聞ける教材を選んであげるといいでしょう。子供がひとりでも扱える教材を選ぶことは、英語学習を長くコツコツと続けていくために欠かせないポイントのひとつです。

 

「ポピペン」の詳細は、こちらのポピー Kids English公式サイトでご確認いただけます。