小学生がオンライン英会話「ENC/GNA」の英検3級対策レッスンを受講してみた

2022年1月3日

 

数ある子供向けオンライン英会話の中でも英検対策に特化していることが特徴の【ENC/GNA】

 

私の子供は幼児の頃からずっといくつものオンライン英会話にお世話になっているため、英検に特化した【ENC/GNA】はとても気になる存在でした。

 

今回は、現在小学生の私の子供が、【ENC/GNA】の英検対策レッスンを受講して気がついたことについてまとめました。

 

子供が小学生のうちに英検に挑戦させたいと考えている親御さんや、オンラインでできる子供の英検対策をお探しの親御さんに参考にしていただけるかと思います。

 

では、さっそくレビューを開始します!

 

 

小学生も英検対策ができる「ENC/GNA」とは?

 

レビューを開始する前に、簡単に【ENC/GNA】の特徴についてまとめておきます。

 

「ENC/GNA」の特徴

・英検対策に特化している
・英検1〜5級まで幅広く対応
・兄弟でレッスンをシェアできる
・ライティング(作文)対策あり
・子供向けオンライン英会話
・講師が日本語でサポートしてくれる
※これは無料体験レッスンで気が付いたこと

 

【ENC/GNA】は、子供の英検対策に力を入れているオンライン英会話のため、レッスンで使用する教材は英検対策用テキストをメインに取り扱っています。

 

レッスン内容は、英検の過去問を題材にした音読練習やライティング(作文)練習、スピーキング(面接)対策など、英検合格に必要なスキルをオンラインで総合的に学べるように構成されています

 

\無料で2回の英検対策レッスンを受講しよう!/
 

 

英検対策レッスン1回目:英検3級「ライティング」

 

他社の子供オンライン英会話にはない【ENC/GNA】の魅力といえば、英語のライティング(作文)対策のレッスンがあることです。

 

英検3級以上を受験する場合、1次試験(筆記試験)の中でライティング問題が必ず出題されるため、正確なスペルや文法、文章構成などを理解しておく必要があります。

 

オンライン英会話でライティングの練習までやってもらえるなら、親が採点をしたり正解を解説したりする手間を省くことができるため、個人的にライティング対策のレッスンにとても期待していました。

 

1回目のレッスンの希望日時とレッスン内容を提出すると、【ENC/GNA】の担当者の方が講師の空き状況などを確認した上で日時を決定し、メールを送ってくれます。

 

私の子供は英検3級のライティング対策のレッスンを希望したため、届いたメールにはレッスン当日に使用する英作文の課題が添付されていました。

 

<実際に届いた課題の内容>

Q: What is your favorite place?

上記の質問に対して、自分の考えと理由2つを英語で記載します。
25〜35語の英単語を使用するという指示もあります。

 

上記の課題は、英検3級のライティング問題で出題される定番の内容のため、得点に直結するトレーニング内容になっていると感じました

 

この課題は、レッスン時間内に講師と一緒に取り組むのではなく、事前に各自で英文を完成させておくように指示を受けました。

 

そして、完成した英文をメールに入力して【ENC/GNA】へ提出し、レッスンの中で講師に添削してもらうという流れです。

 

ちなみに、レッスンを受講するにはSkype(スカイプ)が必要です。

 

レッスン当日を迎え、自動的に決定された担当講師からのコンタクトを待っていました。

 

担当講師は40代(もしかすると50代?)くらいのとても落ち着いたフィリピン人男性でした。

 

まずお互いの自己紹介から開始し、約10分間は簡単な英会話フレーズを使ってコミュニケーションをとっていました。

 

その後、事前に提出済みの英文を講師がチェックし、添削が完了した英文を講師の後に続いて音読します。

 

ライティングの勉強はこれだけで、それ以降はレッスン終了までずっとフリートークでした。

 

講師によって差があるのかもしれませんが、「英検3級のライティングの勉強をオンラインでがっつりやりたい!」という人ではなく、「英会話のレッスンの中でライティングも多少はカバーしておきたい」という人の方が合っているように感じました

 

ライティング対策レッスンの雰囲気がわかったので、2回目は穴埋め問題を中心に扱うレッスンを受講することにしました。

 

 

英検対策レッスン2回目:英検3級「穴埋め問題」

 

2回目のレッスンの担当講師は、30〜40代くらいの女性でした。

 

1回目と同じように、開始から約10分間は自己紹介や雑談などのコミュニケーションタイムです。

 

【ENC/GNA】から事前に受け取っていた問題集の画像データを見ながら、講師の質問に解答していきます。

 

講師の質問は英検3級の問題集に掲載されている穴埋め問題そのもので、講師と一緒に口頭で練習問題を解いていくスタイルのレッスンです

 

穴埋め問題の出題例Q: How does the food  (        ) ?

<選択肢>pass   taste   dish   hold

 

上記のような穴埋め問題の場合、文章を音読した後、選択肢の4つの単語の読み方と意味を答えていきます。

 

単純に問題を解いておしまいではなく、選択肢に並べられているすべての単語の意味も覚えることができるため、英検3級合格に必要な語彙力を増やすことができると感じました。

 

子供が解答に困ったときは、講師が日本語でサポートをしてくれたため、スムーズに単語の意味を理解することができていました。

 

わからない単語の意味を英語のみで説明されると、誤った解釈のまま覚えてしまうこともあるため、日本語でのサポートがあってよかったです。

 

 

小学生が「ENC/GNA」の英検対策レッスンを受けた感想

 

現在小学生の私の子供は、これまで他社のオンライン英会話のレッスンを継続してきました。

 

今回【ENC/GNA】の英検対策レッスンを受講して気がついたことは、自分の言葉で話す練習をあまりしてこなかったということです。

 

子供オンライン英会話のレッスンは、テキストに記載されている単語やフレーズを講師の後に続いてリピートする流れが一般的です。

 

そのため、テキストに記載されている文章は読めても、自分自身のことを自由に話そうとすると言葉に詰まってしまうのです。

 

レッスン終了後、本人にどうして無言になってしまったのか聞いてみたところ、「自分が答えようとしている文章が合っているかどうかわからない」と答えました。

 

講師の質問の意味は理解できている状態です。

 

単語でならすぐに答えることができます。

 

でも、文章で答えるように求められると、ぼんやりと解答文は浮かぶけれど、語順などが合っているかどうか心配で答えられない状態・・・

 

これって、子供に限らず多くの日本人が英語を話せない原因のひとつだと思います。

 

知っている単語を並べるだけでも外国人と英語でコミュニケーションをとることは可能なのに、文法の正確さにこだわり過ぎてしまうばかりに結局言いたいことが言えなくなってしまうという悪循環・・・

 

子供には「単語ひとつでもいいから、相手に伝えることだけに意識を向けてごらん」と伝えました。

 

とはいえ、そろそろ英文法をしっかりと学習した方がいい時期に差し掛かっているのかもしれません。

 

【ENC/GNA】の英検対策レッスンは、どちかといえばアウトプットに重点を置いたレッスンだと感じました

 

英語初心者の場合はインプットの割合を多くする方がいいと思いますが、中級者以上の子供にはアウトプットの機会も用意してあげた方が力が付くでしょう

 

穴埋め問題を解いたり、自分で英語の文章を組み立てるなどのアウトプットに挑戦することで、苦手な部分や理解が曖昧になっている部分に気づくことができます。

 

英検対策はもちろんのこと、アウトプットに重点を置いたオンライン英会話のレッスンを受けたい場合には【ENC/GNA】の英検対策レッスンをおすすめします!

 

\無料で2回の英検対策レッスンを受講しよう!/
 

関連記事
安い子供オンライン英会話14社を徹底比較|最安値の月額料金も紹介